103万・130万の壁
photo by sj-cashing.com/newspaper

以前から「配偶者控除」はそのうち廃止されると言われてきましたが、世論の反発が大きく、このままいけば、廃止ではなく金額の上限を引き上げるという形になりそうです。
「130万か」か「150万」かどちらかの金額での検討がされているようです。
しかし、まだ決定ではなく、他の金額の案もあり、いろいろ検討中の段階なんだとか・・103万の壁はこれからどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

なぜ、「配偶者控除」の金額の上限が引き上げられたのか?

結婚して一度仕事を辞めた女性なら、「103万の壁」という言葉を知っている人も多いでしょう。

最近は結婚して子供ができても、お互い正社員で働く共働きの夫婦も増えてきました。

出産しても、育児休業をもらい再び正社員で働く女性も多いです。

しかし、「保育園に空きがない」「職場の理解が得られず、残業が多い」などの理由で出産後は仕事を退職する女性もまた多いのです。

同じ会社に勤めていても、子供が小さいうちは、短い勤務時間のパートで働きたいという人もいます。

そんな女性がパートで働く場合、自分の収入を103万まで押さえて働くか、同じパートでも103万以上の収入で働くかで迷う人が多いのです。

ちなみに現在は130万までの収入なら、夫の扶養に入ったままでいられますから、110万とか120万ほどの年収を稼ぐ事もできます。
しかし、その場合は働き損になってしまうかもしれません。

なぜかと言うと、103万以内だと自分の所得税が免除されて、さらに夫の所得税の負担金額も減るからです。

103万なら一ヶ月に85000円ほどの収入になります。税金がかからないので、その金額がそのまま収入になるんですね。

103万を超えてしまうと、超えた分には税金がかかります。

つまり、103万より少し多く稼いだとしても、下手をすれば稼いだ分は税金として支払わなければいけなくなる可能性もあるのです。

そんなのバカバカしいですよね。

なので、103万以内に収入が納まるように、働く時間を制限する主婦は多いのです。

なので政府は「103万の壁が女性の社会進出や雇用促進を妨げている」として、103万の壁である配偶者控除を廃止しようとしていたのですが、世論の反発で断念。

金額の上限を引き上げる事で、働く時間を増やし、世帯収入を上げれるようにしたのです。

要は「もっと働いて税金を納めろ」って事でしょうね。

配偶者控除がもし廃止されたらどうなる?

数年前から近いうちに配偶者控除はなくなると噂されていました。

しかし結局、廃止にはならず、金額の上限を引き上げるという形になりました。
その大きな理由は、やはり専業主婦世帯からの反発が大きかったからでしょう。

働きたくても、事情があって働けない女性はたくさんいるのです。
そんな世帯にとって配偶者控除がなくなるという事は、収入は増えないのに税金の負担額は増えてしまうので、生活が今より大変になってしまいます。

今の世の中、お金に余裕があって、悠悠自適に専業主婦をしている人はそんなに多くありませんから・・

スポンサードリンク

配偶者控除の代わりになる制度も考えられていた?

世論からの反発を少しでも和らげようと、政府は配偶者控除に変わる新しい制度を考えて候補に挙がっていた案もあったようですが、様々な場合を想定した結果、結局、金額だけ引き上げて存続する形になりました。

103万よりも金額が引き上げられれば、今現在、扶養内で働いている人は勤務時間を増やして、もっと稼ぎたいと思うでしょう。

しかし、専業主婦から働きに出る場合は子供の保育所をまず確保しなくてはいけません。

「雇用促進」や「女性の社会進出」を目的にするのなら、先に働ける環境を作れと言いたいですね。

少し前に保育園に落ちた事にぶち切れしていたブログが話題になっていましたが、今回もこの問題をめぐってまた一波乱ありそうですね。