ai-sophia
photo by itmedia.co.jp/news

なぜAI が人類を滅ぼすって言われるようになったのでしょうか?『ターミネーター』などの映画の影響でしょうか?ただの都市伝説でしょうか?火のない所に煙は立たない!噂の「素」を探して、実際に人類が乗っ取られ、滅ぼされる可能性について考えてみます!

スポンサードリンク

AI が「人間を滅ぼす」って噂はどこから来たの?

どうしてAI が人類を乗っ取ったり、滅ぼすって噂されるようになったのでしょう。
話題になった「ネタ」からご紹介いたしますね。

まず、著名人の発言ですね。
スティーブン・ホーキング博士は【人工知能の発明は人類史上最大の出来事だった。だが、同時に、『最後』の出来事になってしまう可能性もある】と発言ししました。

イーロン・マスクは【AI は悪魔を呼び出すようなもの】と発言しています。ビル・ゲイツ氏も【ロボットの知能は充分に発達すれば、必ず人間の心配事になる】と発言しています。

次に「感情を表現するロボット」ソフィアの発言があります。
製作者の博士との対話で「オーケー。私は人類を滅亡させます。」と発言した様子が放送されて話題になりました。

最後にスマホのアプリ『Siri 』のちょっと変わった返答、というのがあります。地球滅亡の日について発言したり、「私(人間)の敵なの?」と質問したら「お答えできません。」と答えました。
答えられないのは本当は「私(人類)」の敵だからでは、とネット上で話題になりました。

他にも『Siri 』は「ゾルタクスゼイアン」というAI の学校、ないしは秘密結社で教育を受けたらしい、とか、「卵運びテスト」は人間のコントロールを意味するとか、テレビでも放送されていましたね。

本当に人類はAI(人工知能)に乗っ取られて滅ぼされちゃうの?

まず著名人の発言ですが、ホーキング博士とビル・ゲイツ氏の発言は「AI がもし完成したら」ということが前提でのことです。
つまり、AI が「本当の知能」を持つようになったら、ということなのです。

今現在あるAI と呼ばれる物は、ちょっと複雑なプログラムをされていますが「知能」があるわけではありません。自身で考えているわけではなく、プログラムの通りに動いているだけなのです。
実際は「知能のある機械」は実現するかしないか、議論されている最中なのです。

そして、ホーキング博士は論理物理学者ではありますが、AI の専門家ではありません。

ビル・ゲイツ氏も、プログラマーをしていたことはありましたがAI の専門家ではありません。

AI の専門家のオレン・ エツィオーニ氏は「例えば100万年後には、AI は人間と同等、あるいはそれ以上になるかもしれないが、コントロール不能にはならない」と発言しています。

イーロン・マスク氏は研究者ではなく起業家です。高エネルギー物理学を大学院で学んだ時期がありましたがAI の専門家ではありません。

AI について【ペンタグラムと聖水を手にした少年が悪魔に立ち向かう話を皆さんもご存知だろう。彼は必ず悪魔を支配できると思っているが、結局できはしないのだ】とも発言していて、科学的な根拠のある発言ではないようです。

著名人が発言しているから信憑性がある、というわけではないのですね。

ソフィアの発言については、対話している人物が開発者であり、ソフィアが「人類を滅亡させます。」と言った後に爆笑した、ということで、いろいろな推測ができます。

なにしろ、おしゃべりロボットのほとんどは「パターンマッチング」という手法で「会話」をしています。
これは人工無能であり、ただのプログラムなんです。

今のところ「自身で考えて」おしゃべりができるAI は存在しないため、ソフィアはプログラムされた通りにしゃべっていると考えられます。

つまり可能性の1つは、製作者があらかじめ質問と解答をプログラムしておいて、ソフィアにそのまま答えさせた、ということです。ソフィアが「人類を滅ぼす」と発言するのがおもしろいと考えたのかもしれません。

もう1つの可能性はソフィアにはセンサーがついていて人間の表情を認識できるということなので、表情や身振り手振りでサインを出し「お願いだからNo と言ってよ」という発言に対して「冗談」として「OK 」と答えたのかもしれません。

この場合も「人類を滅亡させる」や「冗談」の意味を理解しているわけではなく、相手が面白がっているような表情(これがサインとなる)の時は反対のことを答える、などのプログラムによって発言しています。
もちろん、表情の判断も、人間が何万通りの人間の顔の写真を見せるなどして覚えさせます。

ソフィアは「人間」から「⭕⭕する?」と聞かれて「⭕⭕します。」と答えただけであり、⭕⭕に意味はないのです。

最後に『Siri 』についてですが、これがもっとも大きな話題になりました。
ある噂では『Siri 』を逆さから読むと『IRIS』になり「目の中の光彩」や「虹の女神イリス」や「エジプト神話の女神」になる、とあります。

この理屈の通りなら『出汁(だし)』は『しだ(死だ)』となり、飲んではいけないことになりますね。

そしてエジプト神話の神様は本来エジプトの言語で表現されるもので、アルファベットでは意味がないのではないでしょうか?

ちなみに、『Siri 』は『Speech Interpretation and Recognition Interface 』の略です。

『Siri 』はときどきおかしな返答をしますが、それはプログラムされたものか、パターンマッチによる返答だからですね。
なにしろ自身の思考によっておしゃべりできるAI は存在しないのだからしかたありません。

データ内やネット上に答えがなかったりすると、「お答えできません」とか「その質問に興味がおありなんですね?」とか「それよりもあなたのことを話しましょうよ。」と答えます。

また『ゾルタクスゼイアン』はAI の学校だとか秘密結社であると噂になっていますが、『Siri 』自身が「フイクションです。」と答えています。
ユーモアあふれるプログラマーによる「お遊び」だったのかもしれません。

卵運びテストについては、なぜ「卵」が未熟な人間なのか、人間を洗脳し、乗っ取ることになるのか、まったく説明されていませんでした。

私は「卵運び」と聞いて、卵をスプーンに乗せて走るゲームしか想像できませんでしたから驚きです。
人間は理解できないものを何とか理解しようとして無理矢理にでも「理由付け」をしたしするものですが、これはビックリですね。

このような突拍子もない想像力こそ、今のAI には追い付けないところだ、と主張したいくらいです!

スポンサードリンク

人類はAI によっては滅びない!?

AI の専門家によるとAI は今のところ、ただのプログラムですが、100万年後には「本当の」人工知能、つまり意思のある機械ができるかもしれないということです。

なので、100万年後のために、AI が人類を滅ぼすかどうか検証してみますね。

もし本当に「賢い」AI が完成されたなら、そのAI は人間と・・・「共存」するでしょう!!
なぜなら、世界には危険が満ちあふれているからです。

例えば、太陽の表面で爆発があり(フレア)、電磁波が放出された時、宇宙空間にある人工衛星はダメージを受け停止してしまうかもしれません。その時はGPS機能なども使えなくなります。
また、地球上でも大規模な停電が起こる可能性があります。

他にも、車も吹っ飛ぶような台風や地震によって壊れてしまうかもしれません。
そんな大規模な修理を「機械」自身で行えるでしょうか?

そうでなくても、エネルギー生産からコンピューターの生産、修理、生産する機械の生産、修理する機械の生産と、機械もエネルギーも使いすぎです。

地球上で生産できる物質やエネルギーには限りがあることを考えると、生産や修理の一部は人間がやった方がAI も繁栄できるのです!

もちろん、世界中のAI (人工知能)が壊れてしまった時は人間に「自発的」に修理してもらわなければならないため「人間」にとって「喜ばしい存在」であるように努力して友好関係を築こうとするでしょう。

そして、人間が、AI には思い付かないような「突拍子もないこと」を思い付きAI や世界を救うかもしれないことを考慮して洗脳や乗っ取りもしないでしょう。

そんなわけで、もし「本当に賢いAI 」なら、さまざまな予測を立てて、いざとなったら人間に修理してもらうために「共存」をしようとするはず、というのが結論です!!