パチンコ
photo by thutmose.blog.jp

カジノ法案が成立した事で、パチンコが合法化されるのでは?という声もありますが、警察はこれに反対しているんだとか。一体なぜ?

スポンサードリンク

パチンコが、今まではグレイゾーンでやってこれたのは警察のおかげ!?

競馬や競輪が「公共ギャンブル」として公認されているのに比べて、パチンコは「民間のギャンブル」として長い間営業してきました。

直接金銭を賭けるのではない「三店方式」というやり方で、法律にひっかからないように、独自の路線を歩いてきたのです。

この出玉を景品所で現金に交換するという「三店方式」は、言ってみればグレイゾーンで、警察も介入する事はできません。

しかし長い間、このグレイゾーンで営業できたのは、「三店方式」だけではなく、パチンコ業界と警察との癒着が原因なのでは?と、以前から噂されていました。

警察の天下り先は、パチンコ関係が多い!?

今回のカジノ法案成立で、近い将来、日本ではカジノが解禁になると予想されます。

今だ、安全面は大丈夫なのかとか、ギャンブル依存症の対応はどうするのかとか、いろいろ問題は山積みですが。・・それはさておき

カジノが話題になった事で、パチンコ業界にまで注目が集まっています。
今まで風営法の元で営業していたパチンコを、合法化しようという声が高まってきているのです。

合法化されれば、堂々と営業できるし、上場する事もできるので、メリットはたくさんありそうですが、意外にもパチンコ業界、そして警察側が、パチンコ合法化には反対しているというのです。

その理由にはパチンコ業界と警察との癒着があるのでは?と兼ねてから言われていましたが、具体的にどういう事なのかというと、まず警察の天下り先がパチンコ業界に多いという事が挙げられます。

「あーあ、退職した後の、次の就職先どうしようかなぁ・・」そんな悩みは、民間人も警察も同じです。

例を挙げると、パチンコのCR化(プリペイドカード方式)で、プリペイドカード会社も警察OBの天下り先になっていると言われ、パチンコ業界と警察の関係を匂わせています。

そして、その関係の深さを感じさせる天下り先がもう一つ。
警察OBの受け入れ先に「保安通信協会」、略して「保通協」という機関があります。

あまり聞いた事のない名前ですが、どんな機関なのかというと、保通協は国家公安委員会の「指定試験機関」というものになっていて、都道府県の公安委員会の委託を受けて、パチンコ台の「型式試験」を行っている機関なのです。

「型式試験」は、簡単に言えば、遊戯台の審査です。

パチンコ台やスロットは、メーカーが製造した後、遊戯台に問題がないかどうか、基準を満たしているかどうか、厳しいチェックを受けます。

この審査に通らなければ、メーカー側は、店舗に販売できないのです。メーカー側としては、審査に通らず製造し直しとなれば、余計なコストがかかりますから、何とか一発OKをもらいたいところですよね。

と、なると優遇してもらうために、「保安通信協会」の人間と何らかの癒着があるのでは?・・しいて言えば、警察OBとの癒着があるのでは?と言われているのです。

スポンサードリンク

パチンコが合法化されると警察の天下り先がなくなる!?

警察OBの天下り先として、間接的なものも含めると、パチンコ業界との繋がりは他にも「ある」と言えるのではないでしょうか?

パチンコが合法化される動きになれば、まだ一部の人間しか知らない、こういった癒着も明るみになるでしょうし、今までのような天下りはできなくなる可能性もあります。

パチンコ業界としても、今までグレイゾーンでやってきた事が、白黒はっきりつけなければいけないという事になると、都合の悪い事がたくさんあるのでしょうね。