カジノ ルーレット

今、話題になっているカジノ法案(IR推進法)ですが、具体的にどんな意味と、内容なのでしょうか? そしてその目的は?

スポンサードリンク

カジノ法案の目的は?

安部総理は、カジノ法案を「観光客による地域の活性化が目的」としています。

カジノを作って、たくさん観光客が来てくれたら、地域の経済も活性化しますよね。

そうなれば財政難で悩む自治体も潤うでしょうし、いろんな恩恵を受けれますよー

と言った感じです。

特に外国からの観光客の増加を期待していて、要は「外国人にもっとお金を落としてもらおうぜ!」って事のようです。

カジノ法案の具体的な内容とは?

「カジノ法案」と呼ばれていますが、正式には「特定複合観光施設区域の整備の推奨に関する法律案要綱」と言います。

「名前、ながっ!」
しかし、名前の長さよりも注目するのは「カジノ」ではなく「複合観光施設」となっている所です。

政府としては、外国から観光客を呼び寄せるための「複合観光施設」という位置付けにしたいようですね。

カジノはあくまでも、観光施設の中の一部という事にして、決してギャンブルによる収益を目的にしている訳ではない事を、やんわり主張しています。

カジノ法案の内容には、ギャンブル性の高いカジノのイメージを良くするために様々な決まり事が書かれてあります。

その一部を簡単に書くと・・

  • カジノで使うチップはお金ではなく、物にする事
  • カジノで働く従業員や、利用する客の中に反社会的な人物がいた場合は排除する事
  • 監視カメラや、警備員などを常駐させ、防犯面でも安全が確保できるようにする事
  • カジノの広告や宣伝などの規制

などがあります。

安全面を強調する事で、従来のカジノのブラックなイメージをなくして、「みんなが楽しめる施設にしていこう!」というのがコンセプトのようですね。

カジノ法案成立 カジノの候補地となっている場所は?

スポンサードリンク

なぜ、今「カジノ」なのか?

「カジノ」ときいてどんな事を思い浮かべますか?

「ラスベガスで一攫千金!」「バニーガールがお出迎え!」みたいなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

私たち日本人にはあまり馴染みがないので、日本にカジノができたら・・と言われても、あまり想像ができないですよね。

実は今までにも、一部の政治家が、カジノを日本に作る法案を提案した事はあったのですが、今回ほど話題になる事はありませんでした。

そんなの記憶にないという人の方が多いでしょう。
なのに今、なぜ、こんなに話題になっているのでしょう?

それは近年の日本の外国人観光客の増加が大きく関係しているようです。

日本の世界遺産が増えた事や、日本文化に興味を持つ外国人が増えた事で、今、日本の有名な観光地には外国人が押し寄せていますよね。

おかげで、観光地周辺の店は、猫の手も借りたい忙しさ。
お店の売り上げは上がるし、雇用も増えるし、外国人の多い観光地域の経済は活性化しています。

しかし、これといった観光がない地域は、今でも閑古鳥が鳴いている状態です。

何か外国の観光客を呼び寄せるアイテムはないか・・

そこで思いついたのが、カジノ!

今までは、現実味がないと、法案を出しても相手にされなかったけど、今ならアリなんじゃない!?

という事になったのでしょう。

日本にはパチンコや競馬などのギャンブルは存在しますが、カジノはよりゲーム性が強く、またエンターテイメントの色も強いと言われてます。
(カジノやった事ないけど・・)

実際、カジノをするために海外へ行く日本人も少なからず居ますし、有名なカジノがある国には、世界各国から観光客が訪れています。

このまま「カジノ」ができれば、日本もそんなふうになるんでしょうかね?

カジノ法案成立で統合型リゾートが開業されるのはいつ?