配偶者控除と社会保険
photo by gendai.ismedia.jp

配偶者控除引き上げに関連する制度がいろいろ改正されています。今後「150万の壁」が出てくると言われていますが、すでに社会保険の「106万」の壁というのも出てきています。一体どういう事?

スポンサードリンク

大企業には社会保険[106万の壁」が存在する

今の日本にはいろんな「壁」が存在していますよね。

さらにこれからまた形を変えて増えていくようですよ~。

2016年10月から大企業の社会保険の制度が変わりました。

現在、中小企業で働いている妻の場合は、年収が130万以内なら、夫の会社の社会保険の扶養に入る事ができます。

しかし、大企業で働く妻の年収が106万を超える場合、自分で社会保険に加入しなくてはいけなくなったのです。

そうなると、106万から130万の間に年収をおさえていた人は、自動的に夫の扶養からは外れる事になってしまいますよね。

今までは、社会保険の加入条件は週の労働時間30時間以上、年収130万以上と決まっていたのですが、大企業だけが新たに労働時間20時間以上、年収106万以上に変更されたのです。

ちなみに適用される大企業は従業員が501人以上の会社です。
他にも勤務期間は一年以上が見込まれること、学生は適用除外とすること、などの条件があります。

しかし、国は今後、対象になる人を広げようとしているため、条件も緩和されていくと見られています。

配偶者控除が150万になったら、社会保険を払って150万まで働く方がいいのか?

社会保険の加入要件となる年収106万以上は、当分大企業だけのようなのですが、すでに大企業で働いている方の場合はどうなるのでしょうか?

社会保険は106万からで、配偶者控除が今の103万円から150万になったら、どのような形で働くのが一番良いのでしょう?

今まで103万以内で働いていた人は、プラス3万の106万までは収入を増やせますが、おそらくそのまま夫の社会保険の扶養に入ったままで働くのではないでしょうか?

この場合は今回の改正が、労働時間を大幅に増やすきっかけにはならないと考えられます。

では社会保険の対象になる106万を超えている方はどうでしょうか?

社会保険は最低でも一年で12万以上給料から引かれますから、106万以内に収入を抑えようと、労働時間を短縮する人もいるでしょう。

しかし、自分で社会保険を支払って150万まで働くという人もでてくると考えられます。

自分が150万まで働いて社会保険料が増えても、夫の税金が約38000~76000円免除されるんですからね。

また、自分で社会保険を払っていると、その分将来受け取る年金の額は増えますから、その事を見据えて自分で社会保険に加入するという考えの人もいるでしょう。

目先の収入を取るか、将来の収入をとるか、それは人それぞれ価値観が違うので、どちらの働き方が良いとは言えません。

配偶者控除150万でも所得税・住民税もかわらなきゃ損~大企業編

スポンサードリンク

今後、パートよりも社員で働く女性が増える?

政府は女性の雇用促進が目的で、配偶者控除の改正を考えているようですが、この先、配偶者控除が150万になった場合、正社員で働く女性は増えるのでしょうか?

もし、すべての会社で106万から社会保険加入が必要となった場合は、夫の扶養から外れて働く女性が増えるかもしれません。

しかし、その場合でも配偶者控除が適用される150万円に抑えて、パートのままで働く人は多いのではないでしょうか。

家事、育児、保育園の確保に保育料、いろんな意味で、パートから正社員で働くためのハードルは結構高いです。

資格や経験のある仕事の場合は、年収もそれなりに稼ぐ事ができますから、少し無理をしてでも正社員で働いた方が経済的には楽です。

しかし今まで、専業主婦やパートで働いていた場合、正社員で働ける職場があったとしても、いきなり高い収入は期待できないですよね。

地域にもよりますが、正社員でも200万~250万の収入の人も大勢います。
だったら150万以内に抑えて、税金の出費を少しでも抑えたいと思う人も多いのではないでしょうか。

もちろん、パートで働くよりは収入が増えますが、家事、育児の負担の大きさを天秤にかけると、どちらが言いのかはわかりませんね。