給料袋

配偶者控除の金額引き上げで、新たに150万の壁ができてしまうのか?自分で国民健康保険や社会保険を払って働くとしたらどうなる?

スポンサードリンク

勘違いしやすい配偶者控除「103万の壁」と社会保険「130万の壁」

配偶者控除の金額が「130万」か「150万」のどちらかに引き上げられると話題になっていましたが、どうやら今のところ「150万」が有力のようです。

150万になると社会保険はどうする?とよく言われますよね。

なぜ「150万」なのか? なぜ社会保険が関係するのか?

それにはですねー、いろいろな事情があるのです。

ちょっとややこしい所もあるので、まずは、今までの配偶者控除での働き方の例を簡単に書いていきます。

今まで、よく「103万の壁」というのをきいた事があると思いますが、これは所得税の配偶者控除が受けられるというボーダーラインです。

103万以内なら扶養している人(夫)の所得税も減額されて、扶養されている人(妻)の所得税もかかりません。

「103万の壁」とは税金のボーダーラインなのです。

なので、税金の出費を抑えるために年収を103万以内に抑えて働く主婦は多いのです。

次は「130万の壁」です。
夫が会社員の場合、会社の社会保険に入っていますよね。
妻の年収が130万以内なら、夫の社会保険に一緒に加入する事ができます。

なので、自分で社会保険を支払う必要がないんですね。

「130万の壁」とは社会保険のボーダーラインなのです。

103万を超えると、超えた分の金額には税金がかかりますが、税金をひいてもプラスになる場合があるので103~130万以内で働いている主婦の方も多いのです。

と、これは今までの場合の話です。

今後、所得税の壁と言われる、配偶者控除が「103万」から「150万」に引き上げられると働き方はどのように変わるのでしょうか?

今まで103万以内で働いていた人と、130万以内で働いていた人は今後どうなる?

先に述べたように130万までなら社会保険は自分で支払わなくていいので、今まで103万以内で働いていた人は、収入を増やそうと勤務時間を増やすでしょうね。

しかし税金対策で収入を抑えていた人は、自分で社会保険を支払って働くという選択肢はあまり考えていないかもしれません。

なので配偶者控除が150万になって「103万の壁」がなくなっても、130万以内で働く人が多くなるだけのような気もします。

では、今まで103~130万以内で働いていた人はどうでしょうか。なかには150万まで働きたいと思う人もいるかもしれません。

しかし、その場合は夫の扶養から外れて自分で社会保険を支払わなければいけません。

社会保険の負担額は会社が半分支払ってくれますが、それでも毎月1万円以上しますから、手取りの金額は、結局夫の扶養内で働いていた時とあまり変わらない、なんていう事もあり得ます。

自分で社会保険を支払うと、将来年金の受給額が増えると言われていますが、それもなんだかアテにならない話ですし・・

結局、130万の壁はそのままかもしれませんね。

もちろん働くのはお金のためだけではない、という人もいるでしょうから、どちらが良いとは言えませんが、少しでも家計の収入を増やしたい主婦としてはどの働き方にするのか、迷うところです。

配偶者控除150万でも所得税・住民税かわらなきゃ損?~中小企業編

スポンサードリンク

雇う会社側はどう思っているのか?

現在、週に30時間以上働いている方は社会保険に加入する事になっています。

その場合は会社が半分、金額を負担しなければいけないので、会社の中には勤務時間を制限している所もあります。

正社員の場合も、会社が支払う賃金が多くなるので、消極的な会社は多いですよね。

配偶者控除が引き上げられても、こういった状況がすぐに変わるとは考えにくいので、女性の希望だけで働き方を選択するのはなかなか難しい場合もありそうです。

配偶者控除130万か150万はいつから?本当に実現する?