ムン・ジェイン
photo by news.livedoor.com

2017年の5月、韓国では新たな大統領が選出されます!朴槿恵元大統領の逮捕、森友学園問題など大きなニュースがあったため、あまり日本では注目されてきませんでしたが北朝鮮がミサイルを発射した今、注目されつつある韓国の大統領の最有力候補である文在寅(ムン・ジェイン)氏について、また彼が大統領になった場合の日本への影響について考察します。

スポンサードリンク

次期大統領、最有力候補は文在寅(ムン・ジェイン)氏!

さて、5月に韓国では大統領選挙があるのですが、現在のところ最有力とされているのが「共に民主党」の文在寅候補です!その支持率は43%で、2位の「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補の23%と大差をつけています。

ちなみに、「共に民主党」は韓国の革新系最大野党と呼ばれています。
そして文在寅候補自身、慶煕大学校時代に当時の朴正煕政権に反対する民主化運動に参加したとして逮捕されたこともあるようです。

ちょっとびっくりですね。
日本では逮捕歴がある人物が大統領(総理大臣)候補になることは、まずないですからね。

盧政権(2003年~)では青瓦台の民政首席、市民社会首席、大統領秘書室長などを歴任していて、実績が十分であることが分かりますね。

他にも、釜山NCC人権委員、仏教人権委員、天主教(カトリック)人権委員会人権委員、「労働者のための連帯」代表、釜山市教育庁行政審判委員などを歴任しており、精力的に活動していることがわかりますね。

仏教とキリスト教、両方の委員をしているのは驚きですが…

森友学園の籠池泰典氏もいくつかの宗教と関わっていましたし政治的な野心を持つ人物にとっては、あまり宗教にはとらわれないのかもしれませんね。

文在寅(ムン・ジェイン)候補は反日家!?

韓国の新しい大統領になる可能性の高い文在寅候補ですが、実は大の反日家で竹島への上陸経験もあるんです!

竹島への上陸は2016年7月25日であったため、大統領選のためのパフォーマンスだったと考えられますが、【東海のわが領土】と書いているので、大統領になったら竹島の領有権を主張してくる可能性が高いですね。

また、2012年には『親日清算をしたい』と主張し、2015年の従軍慰安婦に関する日韓合意のも反対しています。

ただ、これらは他の候補者もたいして変わりありません。
竹島の領有権を主張しているのも、今までも「そう」だったから、韓国では当たり前の主張なのです。

また、5人いる大統領選候補者全員が、慰安婦合意に反対しています。

慰安婦合意は朴槿恵政権の外交的失敗と考えられていますし、納得していない国民が多くいますからね。

つまり、これは政党や候補者に関わらず、韓国国民の民意なので誰が大統領になっても変わらないのです。

スポンサードリンク

文在寅(ムン・ジェイン)候補が大統領になったら、日本にどんな影響がある?

文在寅候補について、日本が注意しなければならないのは、彼の反日姿勢が非常に攻撃的であり、なおかつ親中、親北らしいということです。

実際、文在寅候補が重要なポストついていた盧武鉉政権では、日本船撃沈作戦が予定されたり、島根県内にある防衛省(当時は防衛庁)の施設に対する軍事攻撃の作戦が検討されていたのだそうです。

また、中国との外交関係のために「高高度ミサイル防衛体系」THAADの配備を延期することを示唆していて、外交において、中国、北朝鮮優先になる可能性があります。

それだけでなく、盧政権の大統領秘書室長だった2007年には、国連での北朝鮮人権決議案について、北朝鮮側と協議したことが回顧録から明かになっていて、北朝鮮との異様なまでの「繋がり」を疑われていたりします。
実際に、北朝鮮については融和政策を主張しています。

恐いですね。

北朝鮮や中国と共に日本に攻めてきたらどうしましょう?

ただ、黄教安(ファン・ギョアン)首相はすでにアメリカのトランプ大統領に米韓関係を強化したいことを表明したり、韓国の与野党の4党も「堅固な韓米同盟」を強調しています。

やっぱり、韓国にとってアメリカは絶対に必要な同盟国なのですよね。
米軍も駐留していますしね。

そして、ありがたいことに、アメリカは日本を重要な同盟国であると表明してくれています。そして慰安婦合意についても、韓国に忠告したりもしてくれています。

反日は、もはや韓国国民の民意なのでどうしようもありませんが、親中や親北での悪影響は、アメリカが健在な以上はそれほど懸念しなくてもいいんじゃないでしょうか?

ちょっとアメリカに頼りすぎですね。まぁ、アメリカは大国なので、いいことにしましょう!これからもよろしくお願いいたします!

今現在も、日本と韓国との関係はあまり良いとは言えないので、結局あまり変化はしない、ちょっと距離が遠くなる、程度なのかもしれませんね!