森友学園
photo by nikkei.com

森友学園の国有地格安払い下げ事件!阿倍首相や自民党議員が関わっている可能性も野党が追求していて連日ニュースに取り上げられていますね。そこで、なぜ土地が安くなったのか経緯をわかりやすく説明しながら、政治家が「値引き」に関わった可能性について考えてみます!

スポンサードリンク

国有地が格安で払い下げられた理由はゴミだった!?

まず最初に騒動になったのは、大阪府豊中市の国有地が国の鑑定評価額よりもはるかに安く森友学園に払い下げられたことでした。

まず森友学園は新しく作る予定の小学校『瑞穂の國記念小學院』のために土地が必要ということで、2015年に10年以内に買い取ることを条件に定期借地契約を申し入れました。

そして2016年3月に地中から木くずやガラス片などのごみが出てきた時に買い取りを申し入れたのです。

この時の土地の評価額は9億5600万円でした。
けれど、ゴミの撤去を森友学園が負担するという約束で撤去費用分として8億2200万円を値引きしたのだということです。

ゴミの撤去に8億2200万円は高すぎる!?

さて、もし本当にゴミが大量にあり、撤去に8億2200万円かかったのだとしたら、違法なことではありません。

たとえ8億2200万円分、国の損になったとしても、もともと購入した時にちゃんと国が調べなかったのが悪いのです。

つまり、自業自得なんです。

国のお金は国民のお金だから責任問題はありますけどね!

ちゃんと調査しなかったヤツ誰だ!ってことですよね。

でも、この森友学園の事件では、ゴミはそんなにないんじゃないの?
撤去してないんじゃないの?

そもそも、8億2200万円は高すぎなんじゃないの?
と問題になっています。

ゴミを撤去していないことは森友学園側の問題ですが、ゴミの量や撤去費用については、政府の「誰か」が関わっているのではないかと言われています。

ちなみに、森友学園は最近になってゴミの撤去を始めたらしいです。ショベルカーで土をかき混ぜながら、人が手作業でゴミを拾っていました。

あれ?値引きの8億2200万円はほとんどが人件費なんてすかね?なんていい仕事なんでしょう!

時給はいくら!?アルバイトに行きたいくらいですよ!!まぁ、そんなウマイ話があるわけないですよね!

また、8億2200万円分のゴミを撤去していたら4月の開校に間に合わない可能性もあるそうですよ!

本当にあやしいですね!!

政治家の口利きはあった?

さて、ゴミが地中にあるために森友学園は土地を安く買うことができたのですが、ゴミの撤去費用を算出したのは大阪航空局でした。

大阪航空局はゴミの撤去費用の算出の経験もないのにおかしい、と言われています。

また、大阪には規制があって、借金での小学校の開設はできなかったため、森友学園の小学校開校は最初、認可が下りませんでした。

でも、やがてこの規制が緩和されて、森友学園は条件付きではあっても小学校新設の認可をもらいました。

何もかも森友学園の都合のいいようになっていますね。ちなみに、一連の決定は大阪府が行っていました。

けれど、大阪府だけでここまでやらないだろう。背後に超大物政治家の「誰か」がいるんじゃないの、と考えられています。

スポンサードリンク

森友学園の土地を安くさせたのは誰?

さて、それでは森友学園のために動いた「誰か」は存在するのでしょうか?また、それは誰でしょうか?

最初に疑惑がかけられたのはなんと阿倍首相でした!
阿倍首相の夫人が森友学園が安く買った土地にできる小学校の名誉校長になる予定があったからです。

森友学園の講演会での映像もテレビで流れましたね!その時に「(森友学園の)力になりたい」と発言しました。

それで、夫人が阿倍首相に頼んで、阿倍首相が土地を安くするように圧力を加えたのではないかと疑惑が持ち上がっています。

また豊中市選出の大阪府議、大阪維新の会の中川隆弘氏は籠池理事と面会した時に、審議が通るように頼まれたそうです。

次に自民党の鴻池祥肇参院議員ですね。
鴻池氏に森友学園の理事夫妻から繰り返し陳情を受けていたことが発覚しました。

ただし、こちらは鴻池議員は口利きしたことをきっぱりと否定し、「金らしき物を渡されそうになったが突き返した」と記者会見で発言しました。

これに対して森友学園側は金ではなく商品券だったと弁明しました。どのみち、少なくとも学園側は「黒」ですよね。

また最近は、当時民主党で現民進党の松原仁議員と、当時無所属で現自民党の平沼赳夫議員と森友学園の理事が一緒に写っている写真が話題になっています。

森友学園の理事と政治家
photo by ksl-live.com/

「スパイ防止法の制定を求める会」という、なんだかスゴい名前の会のホームページにあったもののようです。

森友学園の理事の籠池氏はこの団体の副会長として籠池泰典(靖憲)氏として紹介されており、このホームページの写真には

平成18年9月22日 松原仁衆議院議員に引率(?)され、平沼赳夫衆議院議員に応援懇願。快諾を得る

と説明されていて、今は平沼議員にも疑惑がふりかかっています。

ところで森友学園理事の籠池氏は、泰典、靖憲と名前の漢字が違いますが、本名は康博という情報もあります。

状況によって通名を使い分けているとか、以前、幼稚園を潰してしまったので、違う漢字の名前を使っているのだとも言われています。
かなりあやしい感じですね。

このようにあやしさ満載の森友学園理事の籠池氏。

これだけ多くの政治家に接触していることを考えると、何の思想もなく、手当たり次第に、威を借りる虎を探しているだけのようにも見えますね。

もうこうなったら、与党も野党もなく、問題解明のために協力したらいいんじゃないでしょうか?

そのほうが、子どものためにもなるはずですよ!