3月24日の予算委員会において、安倍昭恵婦人と籠池諄子氏のメールが公開されました!与党内では籠池氏側の追求を上手くはぐらかしているとしていますが、24日の講演会を見てみると「そう」とは考えられなくて…イノセントすぎるメールを、ツッコミを入れながら日付順に紹介いたします!!

スポンサードリンク

森友学園問題がニュースになってからのメール

2017年の2月9日、森友学園への国有地格安売却問題がニュースになってから、安倍昭恵夫人は籠池諄子氏にメールを送っています。

2月18日
このたびのことはどうなっているのか。ご説明もなく、マスコミから追いかけられて戸惑っております
というメールでした。

9日間、何をやっていたのでしょう?
自分である程度調べて??というのは事実ですか?など聞くことはできなかったのでしょうか?

とりあえず、戸惑っている暇があるなら調べましょう!

そして、昭恵夫人が名誉校長だったために「口利き」を疑われた安倍総理は2月17日、自身と昭恵夫人が森友学園の土地売買に無関係であることを明言し、籠池氏のことを「しつこい」などと非難しました。

そして2月23日には昭恵夫人は名誉校長辞任しました。

その後のメールにもなかなかツッコミどころが満載です!

2月25日
昭恵氏 信じたいと思っています。

私もよくわかりませんが、いろいろ気を付けなくてはいけないことがあります。

この時点でまだ「信じている」のも「わからない」のも、メールで「疑惑の人(夫人)」にそのことを伝えるのもいかがなものでしょう?

その上
主人が総裁選挙で講演をお断りしたとき、ひどく怒っておられたとのことで、うちの事務所は不信感になっていました。

とあるように、安倍総理のサイドが籠池氏に不信感を持っていると知っているのに、です。

そして、諄子氏が、安倍総理が籠池氏のことを「しつこい」と発言したことについて激怒しているメールへの返信ですが

人の受け取り方はそれぞれですね。おつらいでしょうが、頑張ってください。

いや、完全にあなたのご主人、安倍総理は籠池氏のことを非難していましたよ?教育者としての素質にすら疑問を持っていました。

また、安倍総理が「よろしくない人物」だと考えている人(の夫人)に頑張れはないでしょう。

ただ諄子氏の怒りを鎮めようとしたのかもしれませんが、ちょっと諄子氏に甘すぎです。当の諄子氏は、まったく「そう」は思っていない所がまた、笑えますね。苦笑いですが!

そして2月28日には講演料について問い合わせました。

私は講演の謝礼を頂いた記憶がなく、頂いていたのなら教えて頂けますでしょうか。申し訳ありません

報道をされたようなので、確認です。

安倍総理が不信感を抱いている人物(の婦人)に、あまりにも不用心なメールですね。

ちなみに、与党側は昭恵夫人が講演料について受け取った記憶が本当にないことの証明になる、としています。

プラス思考すぎますね。まぁ、それ以外は言えないからでしょうが…

籠池夫妻の贈賄疑惑が浮上してからのメール

3月1日に鴻池祥肇議員が緊急記者会見を開き、籠池夫妻が賄賂を渡そうとしていたらしいことがニュースになりました。ついに諄子氏も正真正銘、疑惑の人となりました。

3月1日のメールには今はじっと我慢の時です。私もまだまだ追い詰められるのかもしれませんが、お互い頑張りましょうとあります。

3月2日にも頑張りましょう!とメールしています。

いやいや、完全に疑惑の人になった諄子氏に頑張れとか、何言ってるんでしょうね。

それに「じっと我慢」とメールしていますが、本当に濡れ衣なら疑いを晴らすべく行動しなければなりません。

それが、入学が決まっていた児童や幼稚園にいる園児たちのためにもなるのです。

また、本当に贈賄未遂しちゃっているなら反省して罪を償わなければなりません。総理夫人として「不適切」と言われても仕方ないですね。

3月8日のメールもスゴいですよ。

私もマスコミに追いかけられて、ビックリしてます。神様は全てご覧になっています。

昭恵夫人、あなたもとっくに疑惑の人なのに、ビックリはないでしょう!

ニュースを見ていないんですか!?

ものスゴく良いように考えると、困っているとか、迷惑しているとか、諄子氏を責めるような言葉は避けたかったから、かもしれませんが…

言葉だけ見ると、事態をちゃんと把握できてないように見えますね。

そして「神様は全てご覧になっています。」
これは、真実は必ず明らかになる、ということでしょうか?

諄子氏を信じていても、疑っていても意味は通じますね。でも神様って、何でしょうね?神道系の学園の諄子氏に合わせているんでしょうか?

3月8日に諄子氏から土を運ぶ費用など、3億5000万円足りないので援助してくれ、とメールがあった時は祈ります。と返信しています。

これについては与党側は、籠池側の要求を上手くかわしている、と評価していますね。

でも、キッパリと断ることもできたのではないでしょうか?

そして3月9日のメールを見ると、今までの昭恵夫人への評価が甘かったことが判明します。

なんでこんなことになってしまったのか、神様は何を望んでいるのでしょう。

なぜこんなことになったのか、真相は分かってなくても「流れ」くらい理解していてもらいたかったですね。

そしてもし神様がいるなら、真相が明かになり、罪人が罪を償うこと以外に何を望むのでしょうか?

そして、疑惑の人物にこんなメールを送るなんて…アメリカのクリントン元大統領候補のメール流出事件を知らなかったのでしょうか?

籠池氏が小学校の認可を取り下げてからのメール

そして、3月10日には籠池理事長が小学校の設置認可を取り下げました。
その日にもメールをしています。

3月10日
昭恵夫人 少し落ち着いたら、高校生や大学生たちとこの問題を考えたいと思っています。

考えてどうする!?
何を考えるつもりですか!?
真相ですか?
高校生や大学生と?

それよりも総理大臣であるご主人とよく話さないといけないのではないですか!?

あと、籠池氏が認可を取り下げたことで、この問題が「終わり」だと考えているように見えますね。甘すぎです!

何人の政治家の名前がニュースになっているか、何が問題なのか理解していないのでしょうか?

3月16日のメールもなかなかです。諄子氏に責められての返信ですね。

祈ります。私には祈ることしかできません。

私もどうしていいかわかりません。権力など使っていません。神様はどこに導こうとしているのか。とにかく祈っています

昭恵夫人、あなたは総理夫人なんだから「祈るしかない」はどうでしょうか?

諄子氏についてこの時点でどう思っているかは分かりませんが、総理夫人としてできること、やらなければならないことはあるはずです。

特に、少しでも諄子氏を疑わしいと感じているなら!

でも、援助を断った昭恵夫人。

なぜ諄子氏とまだメールをしているんでしょうか?いくらなんでも、平和ボケしすぎです!

そしてまたもや「神様」ですね!諄子氏の追求を避け、話を切り上げようとしているのでしょうか?

スポンサードリンク

3月24日の講演会の発言を合わせて、メールの真意を考えてみる!

さて、昭恵夫人は24日に行われた福岡での講演会で、森友学園問題についても言及しました。

そこから、昭恵夫人が森友学園問題についてどう向き合っているのか、諄子氏とのメールの真意が見えてきました!

自分の甘さもあったのかなと反省しながらと反省を口にしているのに

私は今回一連のこと本当に嵐の中にいるようなかんじでいるんですけど そうするともう祈るしかない

過ぎるのをじっと祈って待つしかないとも発言!

つまり
「なんだかよく分からない。」
「私は巻き込まれただけ。」
「天災だから私は悪くない。」
「私には何もできない。」

ということですよね。
少なくとも今、与党や安倍総理が叩かれまくっているのはあなたにも責任があるんですよ!

それにしてもメールでも、よく分かってないということを諄子氏に向けて発信していましたが、話を切り上げるためではなく、リアルに分かっていなかったとは…

そしてやはり祈るのですね…

そして「神様」ですが、昭恵夫人はよく神様に祈っていますね。

文春オンラインによると「神道」に傾倒している、ということですが、クリスチャン(キリスト教徒)だという説もあります。

曾祖父であり森永製菓の前身となる森永西洋菓子製造所を建てた森永 太一郎氏が熱心なキリスト教徒だったということと、実際に聖心女子専門学校というカトリックの学校にかよっていたことから、クリスチャンなのかもしれませんね。

「神様は全てご覧になっています。」とか「神様はどこに導こうとしているのか」というのはキリスト教らしい言葉ですしね。

それにしても「神様」を繰り返す昭恵夫人はちょっとイノセント(無知、世間知らず)すぎですけどね!

日本では、あまり宗教に傾倒しすぎると「アブナイ」と思われてしまいますよ!?せめてメールにしたり、講演会で話したり、ということを抑えることはできないのでしょうか?

確かに、昭恵夫人には悪意はなかったのかもしれませんが、もうちょっと総理夫人らしく振る舞うことはできないのでしょうか?

またそうできないのなら、名誉校長だとか、講演会などから遠ざかることですね。

責任をはたすどころか、理解すらしていないなら、本当になにもかも「私人」らしくしたほうが、周りも安心でしょう!