核兵器禁止条約
photo by ameblo.jp/m08068469

71年前の夏の日、日本は核兵器の恐ろしさを知りました。数十年に渡って核兵器廃絶を訴えてきた日本。そして社会情勢に押されて「核兵器禁止条約」が採決されました。しかし意外にも日本は「反対」の立場をとっています。その理由は?

スポンサードリンク

核兵器禁止条約とはどういう内容のもの?

文字通り、「核兵器を使っちゃダメですよ」という内容のもので、現在核兵器を持たない約50カ国以上が共同で提案した条約です。
法的に禁止にするのはこの条例が初めてなので、今いろいろ話題になっているんです。
でもまだ提案したという段階で決まってはないんですね。

この条約が持ち上がった背景には、今、一部の地域で起こっている無差別なテロや、独裁者による核実験など、関係ない人がいろんな事件に巻き込まれ、命を落とす・・そんな怖いニュースが世界中で多発している事にあります。

「物騒な世の中になったもんだ。爆弾で何十人もの人が亡くなっている。これでもし悪いやつらが核兵器なんか持ったらヤバいぞ!」

そんな思いは世界共通。

世界中で核兵器を持つ事を禁止して世界の平和を守ろうと、多くの国々が立ち上がったわけですね。

[なぜ被爆国の日本が反対しているの?]

ご存知の通り、日本は世界で唯一の被爆国です。
長年、被爆国として「核兵器反対!」そう声を大にして訴えてきました。

今年の5月にはオバマ大統領が広島の原爆ドームを訪れた事が話題になりましたよね。

大統領が被爆者の方たちと触れ合う一面もあり、日本国民中が「核兵器のない世界にしよう」と心の中で思った事でしょう。

が・・しかーし!

なんと意外な事に日本は核兵器禁止条約に反対の立場をとっているのです!

「何で?何で?」と言いたくなっちゃいますよね。どう考えても矛盾しているじゃないですか。

その理由について日本の佐野軍縮大使は「核軍縮を実効的に進めるには、核保有国と非保有国の協力がなければならない」と発言しています。

この発言から本心を読み解くと「核兵器、うちらは持たないよ?他の国も真面目に条例守って持たないと思うよ?でもみんながそうじゃないじゃん。いるじゃん。禁止にしても守りそうにないやつがさ・・」

と言う事が言いたいのでしょうね。

確かに、世界中の決まりだとしても守らない人がいては意味がありませんし、逆にその条例を作る事で、核保有国の権力をさらに強めてしまう結果になってしまいますから、その辺が日本は心配なのでしょうね。

いや、それは世界中の人が心配しているか・・それでも他の国は条例に賛成しているよな。何で日本は賛成しないの?
とやっぱり納得できない人も多いと思います。

実は、理由はもう一つあるのです・・
核保有国のアメリカは反対の姿勢をとっています。そして日本はアメリカの傘下に入っていて、もし「戦争で何かあったら助けてもらう」事をアテにしている訳です。

そんなアメリカとの関係ゆえにはっきりと反対の姿勢をとれないという日本は何とも辛い立場なのです。

スポンサードリンク

日本の核兵器禁止条約反対に人々の反応は?

世界では「日本は核兵器反対ではなかったのか!?」という声が多数あります。

アメリカと日本の関係性を知った上でも「自分の身を守るために核兵器を容認するのか!」との声もあり・・「あー耳が痛いですっ ううぅ」

そう思っているのは日本国民も同じなんですよ~っと声を大にして言いたい人も多いはず。

でもじゃあアメリカにたて突いて戦争になったら時、守ってもらえなかったらどうするの?と言われると・・「うーん」となってしまいますよね。

感情だけで突っ走れない難しい問題なのです。

しかし日本の立場がどうであれ「核兵器禁止条約」が可決されれば世界の平和に一歩近づけるのだと・・思っている国が多くある事は確かです。