今こそ核兵器禁止を!
photo by nuclearabolitionjpn.com

今、話題になっている「核兵器禁止条約」意外な事に日本は「反対」の立場をとっていますが、さらに意外な事に北朝鮮は「賛成」の立場をとっているのです。一体なぜ?そして今や世界からも一目置かれている中国が棄権したその思惑とは!?

スポンサードリンク

自国が核兵器を保有している事を正当化したい北朝鮮

もともとこの「核兵器禁止条約」が採決に上がった理由は世界中で核に対する恐怖が膨らんできたからです。

その膨らませた張本人は何を隠そう北朝鮮ですよね?

他にも核を保有しているとされる国はありますが、その中でも北朝鮮は「核を持っている危ない国ランキング」で堂々の第1位でしょう。

そんな国が何を言っておられるんでしょうか?(怖いからあんまり強く言えない・・)

しかし北朝鮮にも言い分はあるのです。

「自分たちが核を保有しているのは、アメリカの核攻撃から自分たちの身を守るためだ!」と言っているのです。

さらには「自分たちも好きで持っているのではない。アメリカが核を持つのを辞めたら、自分たちも持たない。アメリカの核保有には反対だ。だから、『核兵器禁止条約』には賛成だ」と言っているのです。

要するに「アメリカが核保有を辞めたら自分も辞める」というわけですが、そう聞いて素直に信じる人がどれほどいるでしょうか?

北朝鮮が核兵器保有を辞める事はあるのか

話は少し違いますが、みなさんアメリカってなんでみんなが銃を持っているんだと思いますか?

あれほど、銃を使った犯罪が多発していて、常に自分の身も危険にさらされている生活、銃を持ちたくないと思っている人も多く、犯罪がおこるたびに「銃を規制しよう」とデモが起こったりしています。

銃で安全が脅かされても、お金がかかっても、周りから非難されても「武器」を持たないと不安なのです。

アメリカの人でも「国中の人が一斉に銃を持つのを辞めたら自分も持たない」と言う人がほとんどです。みんな好きで危険な武器を持ちたくはないのです。

北朝鮮の場合はどうでしょうか?

もし世界中の国が核兵器を保有しないと決めたら、北朝鮮もそうするでしょうか?

みんなで武器を持たない平和な世の中にしようと思うでしょうか?

・・・そう思ってくれる国のえらい人は「独裁者」とは言われないはずです。

きっと「アメリカが核保有辞めたら自分も辞める」なんていうのは世界からの核保有の非難をそらすための言い訳でしかないでしょうね。

スポンサードリンク

アメリカ、中国、北朝鮮の三角関係

今やアメリカに次ぐ世界のリーダーとも言われる中国。

重要なポジションにいる国だけに気になりますが、中国はどっちつかずの「棄権」と言う立場をとっています。

そこには世界に影響力のある中国ならでは苦悩があります。

もし仮に「反対」の立場をとった場合は・・核を保有しているアメリカに真っ向から非難している事になりますよね?中国がそこそこの小さな国ならば誰も気に留めませんが、ナンバー1とナンバ2の権力をもった国同士。よけいな揉め事は避けたいという思いがあるのです。

もし仮に「賛成」の立場をとった場合は・・北朝鮮に味方していると思われるかもしれない。なぜかと言うと中国と北朝鮮には以前から密接な関係があると言われており、北朝鮮の核実験で世界中から経済制裁が行われていた時も、中国だけは経済援助を続けていました。

もし北朝鮮が崩壊して脱北者が流出すると、韓国だけでなく中国にまで脱北者が押し寄せて国内が混乱する事を中国は心配しているのです。

しかし、北朝鮮の味方をしていると思われて世界から非難を浴びるのもまた心配しているのです。

権力のある中国だからこそどっちについてもいろんな憶測をされるわけですね。

「もうめんどくさい揉め事には巻き込まないでくれ」それが中国の本音なのかもしれません。