朴槿恵
photo by huffingtonpost.jp

支持率が前代未聞の4%まで急落してしまったパク・クネ大統領。今後、全体の支持率が0%に下がる事はあり得るのでしょうか?可能性はどのくらいあるのでしょう?

スポンサードリンク

最初はすごかったパク・クネ大統領の支持率

パク・クネ大統領が大統領に就任したばかりの頃、今とは比べ物にならないほどの高い支持率を誇っていました。

当選前、彼女は「自分が大統領に就任したら、韓国の財閥や富裕層が優遇される社会を変えてみせる」と公言していました。

その言葉を信じて、格差社会に不満を抱く多くの国民が彼女を支持し、パク・クネ大統領は国民から大いに期待されていたのです。

当時は「韓国初の女性大統領」として、世界中からも注目されていました。

・・この時はまさかパク・クネ大統領自身も、今のような状況で再び世界中から注目されるとは、夢にも思っていなかった事でしょう。

人生って何が起こるかわからないものですねー・・。

とまぁ、ちょっとしんみりしましたが・・

実はパク・クネ大統領の支持率は2014年に起こった「セウォル号沈没事件」をきっかけにすでに60%台まで落ちていました。

しかし、このくらいの数字ならよくある話ですよね。

暗雲が立ち込めたのは、チェ・スンシル氏のから機密情報の流失が発覚した時でしょう。

それでも発覚当初の時は、まだパク・クネ大統領を「利用されていた被害者側」と見る国民も多く、批判の多くはチェ・スンシル氏に向けられていたため、パク・クネ大統領の支持率は下降してもまだ20%台をキープしていました。

が、しかし・・

チェ・スンシル氏による政治介入、賄賂、裏口入学、愛人→(これは関係ないか)と、次々に不正が明らかになるにつれて、大統領の責任を問う声も広がっていきました。

あれよあれよと支持率は急降下。

今ではなんと4%という記録的な数字を叩きだしてしまったのです。

韓国の歴代大統領で、ここまで低い支持率は初めてだそうです。

世代によって微妙に違うパク・クネ大統領の支持率

韓国では年代が若くなるほど、支持率が低下していっています。

20代。30代では0%
40代では4%
50代では6%
60代以上では9%です。

若い人の支持率が特に低いのは、やはり根底に格差社会への不満があるからででしょうね。

選挙前に公言していた「富裕層や財閥社会が優遇される社会を変える」どころか、それに貢献していた訳ですから・・

国民としては裏切られたという気持ちが大きいでしょう。

また、若者の方がSNSなどで、いろんな情報が手に入りやすいというのもあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

パク・クネ大統領を支持している4%の人はどんな人?

韓国史上最低の支持率4%ですが、逆に言えば、まだ国民の4%は彼女を支持しているのです。

これだけ世間からバッシングされているにも関わらず、一体なぜ今だに彼女を支持する人がいるのでしょうか?

それにはパク・クネ大統領の父親が大きく関係しています。

知らない人もいるかもしれませんが、パク・クネ大統領の父親のパク・ジョンヒ氏も韓国の大統領でした。

パク・ジョンヒ大統領は、当時、発展途上国だった韓国を経済的に発展させた人物として、今でも一部の人には根強い人気があります。

なので、その時代を知っている60代以降の人たちは「パク・ジョンヒ大統領の娘だから」という理由で支持しているのでしょうね。

パク・クネ大統領が今の地位に就く事ができたのも、父親を支持する人からの後押しがあったから、というのもあるでしょう。

ここまで批判される大統領を、今でも支持している人たちは、恐らく最後まで支持し続けるのではないでしょうか?

0%まで下がる可能性は0。とまでは言えませんが、可能性は低いのではないでしょうか。