パク・クネ大統領
photo by blog.livedoor.jp/kaikaihanno

韓国中が注目する機密文書漏洩問題。渦中の一人、友人のチェ・スンシルさんは警察に出頭しましたが、騒動は治まるどころかますます過熱!パク・クネ大統領の辞任を求める声が国内から噴出しています。これからのパク・クネ大統領の行く末は、一体どうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

パク・クネ大統領の辞任はありえるのか?

もし、今回と同じような事を日本の総理大臣がやったらどうなるでしょうか?

間違いなく総理大臣のままでは居られないでしょうね。

今まで日本では何かあるとすぐに総理大臣がコロコロ変わってきましたよね。
過去10年間の総理大臣の名前を全部言えと言われても思い出せません。(キッパリ)
そんな日本に住んでいると、今回の騒動でこれだけ国民から非難されているパク・クネ大統領が、辞任に追い込まれないのは不思議ですよね。

まぁ、一年くらいですぐに国のトップが入れ替わる日本が特殊なのかもしれませんが・・・

そもそも総理大臣と大統領は何が違うのでしょうか。

まず総理大臣は議会で決められますよね。

総理大臣はあくまでも内閣のリーダーという位置付けなので、議会の多数決で決めて、何かあった時はまた多数決で辞任させる事ができるのです。

では大統領の場合はどうなのでしょうか?

大統領は議会ではなく、国民の投票で決められます。
では国民が辞任してほしいと言えば強制的に辞任させられるのでしょうか?

今まで世論に押されて自ら辞任した大統領もいますが、基本的に本人が「辞める」と言わなければ辞任は難しいとされています。

周りが簡単に辞めさせる事ができないから、大統領がいる国というのは独裁国家になりやすいんですね。

それほど大統領は絶大な権力を持っているのです。

それは韓国も例外ではないという事ですね。

韓国歴代大統領で罪に問われた人はいるの?

韓国では現職の大統領の訴追は免除されるという法律があります。
つまり、警察が大統領の刑事上の罪を知っていても逮捕はできないのです。

「それじゃあ、何でもやりたい放題じゃーん!イエーイッ!」って思いますよね。
実際、過去の歴代大統領の中にはやりたい放題やっていた人も数多くいます。

脱税で多額の資産を隠し持っていたり、賄賂を受け取って不正を働いたり、きっと本人も「どうせ、何やっても逮捕されないしー」って思っていたんでしょうね。

そう、大統領でいる限り、誰も手を出せないのです。

が・・しかーし!

大統領って任期がありますよね。この任期が終わると同時に、罪を犯した彼らには地獄が待っているのです。

「大統領」という肩書きを失った瞬間、今まで免除されていた罪で裁かれる事になるのです。

実際、歴代の大統領を見てみても、在任期間中は警察も手を出せずにいますが、水面下で捜査を続けて証拠をつかみ、任期が終わると同時に逮捕されたという事例が数多くあります。

スポンサードリンク

韓国の大統領は悲惨な末路をたどる場合が多い!?

韓国の大統領には不吉なジンクスがあるそうです。

それは「大統領を終えたあと不幸な人生をたどる」というものです。

実際、韓国の大統領を務めていた人はその後、逮捕されたり、暗殺されたり、自殺したりと不幸な末路をたどった人が多いのです。

理由として考えられるのはやはり大統領の権力の大きさゆえ、独裁的な政治になってしまうからではないでしょうか。

今まで押し付けていたものからの反発も大きくなってしまうのでしょうね。

脱税や賄賂なんかも権力を持ってしまったために、自分の欲を制御できなくなってしまったのでしょう。

韓国の大統領の期間は5年でパク・クネ大統領は任期があと一年半ほど残っています。

韓国各地で起こっている、辞任要求のデモ、なかなかそれに応じないパク・クネ大統領が恐れているものは「大統領」の肩書きを失う事だけではなさそうです。