朴槿恵大統領
photo by asahi.com

韓国国内では、日に日にパク・クネ大統領の退陣を求める声は大きくなってきています。その声に後押しされて、パク・クネ大統領の弾劾決議が可決される可能性はあるのか?!

スポンサードリンク

パク・クネ大統領が自ら退陣しない訳

韓国国内ではパク・クネ大統領の退陣を求めるデモが相次ぎ、その数を合わせると、なんと150万人以上!

中にはお祭り気分で便乗している人もいるようですが、それにしてもすごい人数です。

このデモの様子をテレビで見ていたというパク・クネ大統領。

信頼も権力も地に落ち、もはや肩書きだけの大統領になってしまいました。

これだけ退陣を求める声が大きいのに、今だにそれに応じないのはなぜでしょうか?

「政治の空白を避けるため」と言っているパク・クネ大統領ですが、もちろんそれは表向きの発言です。

同じく渦中にいるチェ・スンシル氏や、その他の不正に関わったとされる人物達は次々に逮捕、起訴されています。

この流れで行くと、パク・クネ大統領も罪に問われる可能性も出てきますが、韓国では「大統領」の間は訴追されない事になっているため、今のところは警察も手を出せない状態です。

最初は少しでも訴追される次期を伸ばして、その間に事件が風化するのを狙っているのでは?と言われていましたが、ここまできてしまったら何らかのアクションがないと国民が許さないでしょう。

しかし、退陣となったあとは訴追される可能性が極めて高いため、少しでもそれを遅らせたい気持ちもあるのでしょう。

「辞めたいけど、辞められない」というのが本音でしょうね。

相談する相手がいなくなった今。自分ではどうしたらいいのか本当にわからなくて困惑しているのかもしれません。

パク・クネ大統領が弾劾決議により退陣する可能性はあるのか?

今まで、クーデターで大統領が辞任に追い込まれたという話はきいた事がありますよね。

しかし、そんな危険なことをしなくても、きちんとした法律の元で大統領を辞任させる事もできるのです。

それには議会で、「弾劾」の発議をする事から始まります。

韓国では議員の3分の2以上の賛成で、弾劾が決議されます。

さらに憲法裁判所の裁判官の3分の2以上の賛成で、弾劾は成立し、大統領を退陣させる事ができるのです。

国民の声に押されて、議会では弾劾を発議するのも時間の問題では?と言われています。

発議されれば、高い確率で弾劾成立になるでしょう。

というか、反対なんてしたら世間からバッシングされそうで、怖くてできないんじゃないでしょうか?

連日のマスコミの報道に、国民からの強い抗議、弾劾決議は近い将来現実になる可能性が強いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

パク・クネ大統領の今後はどうなる?

「警察の捜査には応じる」と言っているパク・クネ大統領。

退陣した後に訴追されることは本人も覚悟している様子です。

訴追されれば逮捕、その後収監される可能性もあります。

しかし、歴代の韓国大統領の例を見てみると、それだけでは済まない可能性もあるのです。

歴代の韓国大統領は、大統領の職を辞めた後、自殺や暗殺など不幸な結末をたどった人が多く、パク・クネ大統領も例外ではないのでは?といった声が多くきかれます。

パク・クネ大統領自身も、両親を殺害されていますから、その事はよく理解しているはず・・

本人が一番、自分にこれから訪れる出来事に恐怖を抱いているのではないでしょうか?

暗殺を恐れて国外に亡命するのでは?という声もあります。

日本に来ることはまずないでしょうが、元大統領を受け入れて安全に暮らせる国は限られてきます。

どの道に進んでも大統領を辞めたあとの、彼女の将来は茨の道でしょう。