朴槿恵大統領 辞意表明
photo by japan.ajunews.com

先日、突然の辞任を表明したパク・クネ大統領。しかし、今だに野党はパク・クネ大統領の弾劾訴追を進めようとしています。弾劾と辞任では、その後の待遇がどのように違うのでしょうか?

スポンサードリンク

パク・クネ大統領が辞任を表明した本当の理由

支持率4%。それに加えて韓国国内で、連日行われていた退陣を求めるデモ。

そして、とうとうパク・クネ大統領は国民に向けて辞任の意向を表明しました。

一見、国民の声に答える形の辞任に見えますが、実はそうでもないようなのです。

発表では、すぐにすんなり辞任という訳ではなく、「条件付きの辞任の意向」だったため、さまざまな波紋が広がっています。

その条件の内容は「国政の混乱と空白を最小限にして、政権を移譲できる案を用意してくれれば大統領職から退きます」というものでした。

一見、辞任後の国内の行く末を心配しての発言のように思えますよね。

しかし、これを「弾劾までの時間稼ぎ」と見ている国民も多いのです。

弾劾決議は時間の問題とされていたパク・クネ大統領、何もせずとも大統領を辞めるのは確実とされていました。

なのに今、辞任の表明をしたその裏側には、「弾劾される前に、辞任をしたかった」という思いがあるのでは?と言われています。

弾劾決議が可決されれば、その時点で大統領としての権限がなくなるので、辞任をする事ができなくなります。
その前に「自ら退陣」という形にしたかったようなのです。

一般の会社でも、不祥事を起こした時に、世間体を気にして「解雇」される前に「辞職」をする場合がありますよね。

「辞任でもクビでも、結局、辞める事に変わりはないんだから、どっちでもいいんじゃない?」と思ってしまいますが、大統領の場合は特に「辞任」と「弾劾」ではその後の人生は大きく違ってくるのです。

「辞任」と「弾劾」では大統領を辞めた後、何が違うのか?

辞任と弾劾では、その後の人生での「周りに与える印象」の良し悪しもあるでしょう。

しかし一番大きなのは金銭的な問題です。

韓国では大統領を辞めた後も、大統領時代のなんと70%もの年金が生涯もらえるのです。

パク・クネ大統領は年収が日本円で2000万ほどあると言われているので、毎月100万円以上はもらえる計算になるのです。

さらにその上、秘書や運転手、事務所にかかる費用まで負担してくれるのです。

まさに至れり尽くせり。

この通りにいけば、大統領を辞めた後も悠々自適な生活ができますよね。

大統領を辞めた後、訴追されたとしても、金銭的なサポートがあればその後の人生は何とかなるものです。

しかし「弾劾」で辞める事になれば、年金額も減額され、さまざまな特権も受けられなくなってしまいます。

弾劾と辞任ではその後の生活レベルが大きく変わってくるため、パク・クネ大統領はそれも避けるために「辞任」を選んだのでは?と言われている訳です。

韓国大統領パク・クネ辞任?逮捕?歴代大統領の末路がやばい

スポンサードリンク

韓国国民の反応は?これからどうなる?

辞任の表明直後は、「安堵した」という国民の意見が多かったのですが、この辞職した時の年金の話が持ち上がると、「反省してない、頭にきた」「結局、弾劾から逃げているだけ」という怒りの声が噴出しました。

「辞任ではなく弾劾で追い込め!」という風潮が高まってきているのです。

・・何も行動しないと「辞任しろ」と言われ、辞任すると言えば「弾劾から逃げるな」と言われ・・結局何をしても批判をうけるパク・クネ大統領。

今さら何をしても、すでに時は遅し、なのでしょうか。
パク・クネ大統領の辞任表明を受けても、野党による弾劾を進める動きは変わりません。

事態は収束するどころか、ますます泥沼化し、長期化しそうです。
果たしてパク・クネ大統領の最後の行く末は?