ポケモンGO 平和

社会現象になるくらいのポケモンGO 。熱中しすぎるプレイヤーが度々ニュースになっていますが、ポケモン は地方の、被災地の、世界の救世主になるかもしれません。今回はポケモンGO を安全に活用し、平和利用しているところをご紹介しますね!

スポンサードリンク

鳥取砂丘でリアルに冒険!?ラクダと一緒に異世界へGO !!

ポケモンGO は、すさまじいくらいの集客力があり、お店や地域で活用が始まっています。

いくつかの問題によってイメージダウンしていたマクドナルドは、ポケモンGO とコラボしてから売り上げがUPしました!

ほかにも、商店街やフェリーなどで活用されているポケモンGO ですが、その中でも『聖地』と言われているのが鳥取砂丘です!

鳥取砂丘には、砂の移動を調査するための「調査杭」が設置されていたのですが、この杭のほとんどがポケストップになっているため、ポケストップの密集地帯になっているんです!

ポケモンGO を制作したナイアテック社がかつて作った『イングレス』という位置情報システムを使ったゲームのプレイヤーが鳥取砂丘の調査杭を『ポータル』として登録していました。

ナイアテック社が『ポータル』を参考にポケストップやジムを設置したところ、鳥取砂丘に大量出現となりました!

つまり、誰も意図していなかったのに、仕様でそうなったのです!
まさに棚からぼたもち!!

多少とはいえアイテム料金などを投資してポケモンGO イベントを開催している商店街から見るとうらやましいかぎりですね!!

もちろん、鳥取県はのっかりました。
ちゃっかりしてますね!
いえいえ、商才があるのです!

平井知事が鳥取砂丘をポケモンGO 解放区と宣言し、砂丘の頂上「馬の背」では無料Wi-Fiまで設置されました!

もう全面に押し出していますね!

鳥取県は、砂丘には自転車も車もいないし、観光客とスタッフとラクダ(スタッフの一員?)しかいないため歩きスマホによる事故は起きないので安全だと宣伝しています。

でも、他にも鳥取砂丘では嬉しいことがあります!

それはダイエット効果です!
砂地では普通に地面を歩くよりもカロリーを消費するのです!

さらに砂丘を登ったりしているとかなりカロリーを消費できます!

ハイヒールで来た人のために、長靴などの貸し出しも行われています!
「オモテナシ」ですね!

広大な砂丘をラクダを横目に見ながらアイテムをGETしつつポケモンを探していると、まさに冒険気分が味わえます!

夕暮れ時なんて、まるで日本じゃないみたいです!

まさに異世界!!

疲れたらラクダやロープウェイに乗ることもできます。

そして、ゆっくり歩くラクダの上では速度制限に引っ掛からないんです!

ちょっと卑怯ですか?
でも鳥取砂丘は「解放区」なんです。多目に見てもらいましょう!!

ポケモンGO で被災地復興!!ポケモンはエサ代がかかりません!

岩手県、宮城県、福島県、熊本県は、被災地復興のためポケモンGO を「誘致」を決定しました。

本当に革新的なアイデアです!

集客力が半端ない上、ポケモンの動向が世界中で注目されている今は、ニュースが勝手に広がっていくから広告費が押さえられるのです!

そしてポケモン自体は食べたり飲んだりしないし、ホテルも必要ない!

例えば、動物園を作ったりしたら、ものすごくお金がかかります。

園の建設費用も莫大でしょうが、エサ代や飼育員の人件費。動物によってはエアコン代や水道代などかなりの維持費を覚悟しなければなりません。

でも、ポケモンならずっと居てもらっても経費がかからないんです!

そして、ポケgoプレイヤーたちは、すでにある飲食店やホテルを利用するため、利益のほとんどが地元に還元されるのです!

すばらしい!
でも、何よりもスゴいのは、撤去費用がかからない、ということです!

たとえ流行が終ったとしてもパソコン1台でお金をかけずに撤収できます。

廃墟が残り、負の遺産になることも、莫大な解体費用がかかることもない!!
これほどすばらしいことはないんです!!

日本全国にある「廃墟」が地元の人々を悩ませています。

その代表が軍艦島ですね!
まぁ、最近は何だか盛り返していますが・・・

でも、たいていの廃墟は負の遺産と言われています!
本当に考えた人はスゴいです!

スポンサードリンク

ポケモンGO でみんな仲良し!?ポケモンGETで平和もGET!!

ポケモンGO が世界中でプレイされている今、誰も解決できなかった問題をポケモンが解決できるかも、と言われています。

それは人種差別問題!
アメリカでは有色人種初のオバマ大統領が就任してからも人種差別事件や大規模なデモが起こっていました。

が、ポケモンGO が配信されてからアメリカでは、ありとあらゆる人種の異なるプレイヤーたちが「仲間」になっているんです!まさに平和利用(?)されているんです!

あるTwitterでは「ポケGO 仲間」という題で、異なる人種の人々が笑顔で写っている写真が投稿されました!

微笑ましいですね!

他にも、黒人男性のグループが夜の町でポケモンGO をしていたところ、白人警官が近づいてきて「あっちにピカチュウがいるよ!」と教えてくれたというニュースや、パトロール中の警官が「俺も仲間に入れてくれ」とポケモンGO を始めてしまったりとか、ほのぼのしたニュースが話題になっています。

アメリカでは白人警官による黒人射殺事件と、そこから発生する大規模なデモが大きなニュースになっていたため、警官が登場するほのぼのニュースは特に目を引きますね。

ところで、どうしてたくさんの人々がこんなにも仲良くなれたのか分かりますか?

もちろん、ポケモンを探したりするのに情報交換のためにコミュニケーションを取るから、ということもありますが、他にも大きな要因があります。

それは『共感』です。

人間は、自分に共感してくれた人に好意を持ちやすくなります。

『共感』すればするほどその人のことが好きになりやすいのです。

これ、実は恋愛テクニックの1つなんです!

もし片想いの人がいるなら、その人には「うん、そうだね」「よかったね」など好意的な相づちをうったほうが好かれやすいのです!

たとえ心の中ではそんなことを思っていなくても!!

ズルいですか?
でも、安心してください!!

ポケモンGO ならば、ポケモンGO に熱中しているならば、嘘の演技などする必要はないのです!!

「あーポケモン見つからないなー」
「こっちもだよ!」
「あ、GETできた!!超嬉しい!」
「マジで!?スゲーなお前!」
「こっちもGETできた!」
「やったな!」
「こっちはまだだよ。いいなー」
「じゃあ、ここに立ってみるか?」
「応援するよ!」
「マジで!お前らサイコー!」

こんな感じでどんどん共感していきます!

多少どころか、まったく言葉が分からなくても、スマホのゲーム画面を掲げて喜びの声をあげれば、周りの人は分かってくれます。

そして、同じ喜びを分かち合い、辛苦を共にした人々はついには仲間になるのです!!

なんだか結婚式で神父さんが言ってそうな文句になってしまいましたが、愛は世界を救うからこれでいいのです!!

小さな1歩ですが、いつかみんなが仲間になったら、平和な世界が訪れるでしょう!