プーチン
photo by mag2.com/p/news

米大統領選のやり直しがあるのではないかと話題になっています。
要求しているのは、スタイン氏。不正にはロシアが関わっているとも噂されていますが、一体なぜ?

スポンサードリンク

米大統領選挙は簡単にやり直しができるのか?

専門家から「投票結果に不正の可能性がある」と指摘されていた今回のアメリカ大統領選挙。

うやむやなままで終わるのか?と思っていたら、どうやら投票結果の再集計という方向で話はすすんでいるようです。

率先して再集計の要請をしたのは、ジル・スタイン氏。

「・・誰?」と思う人もいるかもしれませんね。

彼女は、もともと「緑の党」という政党の候補者だったのです。

しかし、他の候補者に比べると、人気もなければ、知名度もないといった感じであまり注目されていませんでした。

実は彼女、選挙前にはクリントン氏が大統領になる事に反対する発言をしていました。

なのに、今回は彼女が率先して行動しています。

なんでも、この再集計には多額の手数料がかかるそうなのですが、彼女の呼びかけで、すでの日本円で5億を超える寄付金を集めているのだとか・・

「自分はどうせ大統領にはなれないけど、話題になってもっと名前を知ってほしい」という思いがあるのかもしれませんね。

もしかすると、「不正なんて見逃せない!」という正義心が強いお方なのかもしれませんがね。

大統領選挙の不正にはロシアが関わっている!?

まず気になるのは、誰が何の目的で不正を働いたのか、ですよね。

嫌われ者同士の選挙と言われていましたが、どちらかというとトランプ氏の方が批判は大きかったですよね?

女性差別、人種差別的な発言や行動の多かったトランプ氏の方が、アメリカ国内からは嫌われていそうですが・・

実は今回の選挙の不正はアメリカ国内ではなく、ロシアからのサイバー攻撃での不正ではないかと囁かれているのです。

ロシアと言えば、あのお方・・・長年、国のトップの座に就いているプーチン大統領。

独裁的で批判する人間も多く、クリントン氏もその中の一人でした。

何でも、ロシアは今までにもたびたびアメリカにサイバー攻撃を仕掛けていたらしく、その事をクリントン氏は公の場で非難しています。

一方でトランプ氏は「ロシアのサイバー攻撃の証拠はない!」とロシアを擁護する発言をしているのです。

それ以外にも「プーチン大統領は素晴らしい指導者だ」とも公言しており、なぜかプーチン大統領をリスペクトしているのです。

プーチン大統領からすれば、自分を批判しているクリントン氏よりも、トランプ氏がアメリカの大統領になってくれた方が都合がいいですよね。

今現在、ロシアとアメリカの関係はあまり良くなく、ロシアはアメリカから様々な経済制裁をされているのです。

自分に好意的なトランプ氏が大統領になったあかつきには、「上手く丸め込めば、俺の思い通りになるじゃーん!」って感じなんでしょうね。

なので、トランプ氏が当選するように裏工作をしたのでは?と言われているのです。

本当だとしたら、トランプ氏とプーチン氏は両思いという事になりますねー。

スポンサードリンク

投票結果が覆る可能性はあるのか?

なんやかんやで、すでに「次期大統領はトランプ氏」と世界が認め始めていますよね。

この状態でもし「選挙結果、間違ってたんで、やっぱ大統領はクリントン氏でお願いします!」って言われたらどうなるでしょうか?

喜ぶ国もいるかもしれませんが、間違いなくロシアのプーチン大統領は落胆するでしょうね。

これまで動きを起こしていなかったクリントン氏の陣営も再集計の動きに参加の方針を示しました。

いずれにしろ再集計は確実に行われるようですから、今後の展開が気になります。