photo by cnn.co.jp

先日、アメリカ合衆国の大統領に就任したトランプ大統領ですが、以前から「プーチン大統領を尊敬している」等と発言していることにより、色々と話題になっていますよね。では「何故、トランプ大統領はプーチン大統領を尊敬しているのか?」、その理由は「プーチン氏がロシアファーストだから」との見方があります。

スポンサードリンク

トランプ大統領はプーチン大統領と気が合う?!

以前から(大統領選挙中から)トランプ氏は「アメリカの利益を追求する」と発言しています。つまり、トランプ氏は「アメリカファースト(アメリカ合衆国の利益の為に政治をする)」と、ずっと言い続けてきました。

既にお気付きのように、トランプ氏とプーチン氏は両者共に「自国(アメリカorロシア)ファースト」なのです。政治においての「基本的な方針の部分」が似ているので、トランプ氏がそういったところでプーチン氏と気が合い尊敬したとしても自然なことです。

プーチン大統領は対外的には脅威を感じる存在ですが、内部(ロシア国民)からしてみると「ある意味、心強く堅実とも言える政治運営をしている」わけです。トランプ氏はビジネスの世界で生きてきて成功を収めているので、外交で強くあり続けようとするプーチン氏の姿勢に共感するところもあるのだと思います。

具体的にプーチン大統領の「どのような部分」を尊敬しているのか?

先ほど、「プーチン氏はロシアファーストだ」と書きましたが、これを具体的に言うとするなら、「他国や反乱分子(テロ等)には容赦しない」ということがあげられます。

以前、ロシア旅客機が過激派により撃ち落とされるという痛ましい事件がありましたが、その時にプーチン大統領は「世界中のどこにいても犯人を見つけ出してやる」といったニュアンスのインタビューをしていましたよね。

そして、数日後には「武器を大量に所持していたとされる男性」がロシア国内で射殺されています。犯人もプーチン大統領も両方怖いですよね。ですが、こういったプーチン氏の言動と行動力は「ロシア国民からすると心強い気持ちにもなる」はずです。

ここまで容赦の無いプーチン大統領は外交においても、その手腕を発揮しています。まさに「ロシアの利益の為に」という姿勢です。

これは「外国人である私達にとっては悩みの種」にもなったりするのですが、こういう強固な姿勢は利益が出やすいのです。(ここで言う「強固な姿勢」とは、「攻めというよりも守りが強い」という意味です。徹底的に守りを固めたうえで、徐々に侵攻していく戦略はリスクが少ないのです。)こういった部分が「ビジネス界出身のトランプ大統領の目指す政治」と類似しているのではないかと感じる次第です。

スポンサードリンク

その他の理由は無いの??

トランプ氏がプーチン氏を尊敬している(好意的にみている)理由として、他にあげられるものは「プーチン氏がトランプ氏を褒めてくれるから」というものもあります。というのも、トランプ大統領は「自身の事を肯定してくれる人間のことを褒め返す」という行動をする面があるからです。なので、「プーチン氏が褒め続けてくれる限りは」「トランプ氏もプーチン氏を褒め返す(尊敬している等と伝える)」とも考えられるわけです。

そうすると、今後プーチン氏側がトランプ氏に対して辛口コメントをした場合、トランプ氏側も辛口コメントを返す可能性もなきにしもあらず…ということです。お互いに「自国ファースト」の方針をとっているので、外交上色々と難しいところなのですが、あまり見たくはないシチュエーションですね。

いかがでしたか?トランプ大統領が就任してから日が浅いので、まだまだ「アメリカとロシアの関係は?!」「プーチン大統領はロシアに弱みを握られている?!」等の情報が溢れています。個人的に、アメリカとロシアの関係性はハラハラとしながら見守っています。

日本人である私達は「良くも悪くもアメリカに影響される」ところが少なからずあるので、今後のトランプ大統領とプーチン大統領の関係については、ますます気になるところですね!