トランプ大統領
photo by theplatnews.com

トランプ氏が大統領選に勝利するという、人によっては意外な結末になった今回の大統領選挙。アメリカ各地では反対のデモも起こっていますが、これによって戦争やテロが起こる可能性はあるのでしょうか?

スポンサードリンク

大統領選挙前から囁かれていたプランCとは?

「お金に汚いヒラリーか、口の汚いトランプか」
史上まれにみる「どっちがマシなのか選挙」で勝利を勝ち取ったトランプ氏。

しかし今だにアメリカ国民の中では「ヒラリーにもトランプにも大統領にはなってほしくない」と考える人は多くいます。

そして現職のオバマ大統領自身も「トランプは狂人そのものである」と公にトランプ氏を非難する発言をしています。

オバマ大統領もトランプ氏が次の大統領になる事には反対しているんですね。

その大きな理由は、トランプ氏の人種差別的な発言や行動にあります。

オバマ大統領は「平和主義」で知られていますから、争い事を避ける外交をずっとしてきましたよね。

しかしトランプ氏の場合は、メキシコ系移民を非難したり、イスラム教徒を入国禁止にすると発言したりその差別的な発言で国内に多くの敵を作っています。

このままトランプ氏が大統領になれば、彼自身が争いを引き起こすのでは?と懸念しているのです。
きっとアメリカでも多くの人たちが心配している事でしょう。

そんな中、実は選挙前から「プランC」というものが囁かれていました。

どんな内容なのかというと、ヒラリーもトランプも大統領には選ばず、オバマ大統領が「大統領」を継続するというものです。

選挙中にも「アルカイダ」のテロが起こるのでは?などと噂されていましたが、もし本当に9・11のようなアメリカ国内を揺るがす事件や、未曾有の大きな災害などが起きれば「プランC」の可能性はあったかもしれません。

国を揺るがす非常事態が起こった場合、大統領は法律を超えて物事を決める権限を持っています。

「国の混乱を沈静化するために自分が大統領を継続する」と言えばその通りになる可能性があるのです。

しかし、結局大統領選では何も起こらず、プランCは現実のものとはならず、トランプ氏が勝利を収めました。

次期大統領はトランプ氏に決まったのです。

トランプ氏が大統領に決まったからプランCの可能性はもうない!?

プランCは、やはり単なるウワサだったのか、もう大統領にはトランプ氏が決まったからその可能性はなくなった・・

いいえ、まだそうとは言い切れません。確かに次期大統領はトランプ氏に決まりましたが、彼が正式に大統領に就任するのは来年の1月20日です。

それまではあくまでもまだ「次の大統領に決まった人物」なのです。

もし、トランプ氏が大統領に就任するまでの間に「何らかの非常事態」があった場合、オバマ大統領が継続するという可能性も十分考えられます。

スポンサードリンク

トランプ氏勝利によって戦争やテロの可能性が高まる!?

トランプ氏が次期大統領に決まった事で、各地から反対デモが起こっています。
これが拡大していけば、テロの可能性もあり、そのテロがきっかけで戦争まで発展してしまう可能性もあります。

トランプ氏を支持するのは白人の低所得者が多いと言われていますが、数々の人種差別や女性蔑視発言を繰り返してきたトランプ氏は黒人からの支持率が圧倒的に少ないと言われています。

黒人の人からは嫌われてるんですね。

逆に今のオバマ大統領は黒人からの支持も大きいですから、この事からしてもプランCを望むのは黒人の人たちに多いと言えるのではないでしょうか?

もしかしたら水面下ではすでに事が進んでいるのかもしれません。

来年の1月まではまだまだ安心はできないというわけです。