thelab2
photo by vr-game.jp

VR 酔いしてしまう人もいるVR ゲーム。お試しでVR の機器を購入するにはちょっとお高いですよね。そこで、東京にある最新のVR ゲームを楽しめるスポットをご紹介いたしますね!中には無料で体験できる所もありますよ!!

スポンサードリンク

VR PRAK TOKYO

2016年の12月16日にオープンしたばかりの「VR PARK TOKYO」は渋谷アドアーズ4Fにあります。

遊べる時間は10時10分~23時40分までで、70分ごと、10回転です。説明を受ける時間などもあるため、余裕をもってスケジュールを組んだほうがいいですね。

年齢制限があって、13歳未満のお子様は、アトラクションで遊ぶことができませんのでご注意を!!

料金はフリードリンクつき、70分VR ゲーム遊び放題でお一人様3300円です。2名以上だと2900円になって、ちょっとお得です!

予約制ですが、店頭で当日整理券も配布されます。こちらは売り切れ次第終了なので、予約したほうが安心ですよ!
遊べるVR ゲームは6種類あって、だいたい1つのゲームに10分くらいはかかるそうです。

「対戦 ハチャメチャスタジアムVR」はバッティングセンターをVRにしたようなゲームで、スタジアムや観客がVR によって作り出されています。
バット型のコントローラーを振って、VR のボールを打って遊びます。対戦プレーも可能で、ピッチャーになることもできるそうです。

「DIVE HARD VR」はシューティングゲームで、襲いかかってくるドローンなどを撃ち落とすゲームです。

「ソロモンカーペットVR」は、魔法の絨毯に乗って、敵を撃ち落とすファンタジーテイストのシューティングゲームです。

シューティングゲームとしてだけでなく、魔法の絨毯でのフライトも楽しめるるのがおもしろいところです。
実際に乗っている絨毯も動くので、リアルに空飛ぶ絨毯を楽しめます。

「CRCLE OF SAVIORS BEGINNERS」は、剣と魔法でモンスターと戦うアクションゲーム。

「OBAKEREA Creeping Terror」はゲームではありませんが、ギミックチェアに座ってみるシアター型ホラーで、分かりやすく言うと、テーマパークの、乗り物に乗るタイプのお化け屋敷のVR 版です。

「協力!GHOST ATTACKERS VR」は、オバケを倒すシューティングゲームです。

ドスパラVRパラダイス

「ドスパラVRパラダイス」は2016年7月にドスパラ秋葉原本店5階にオープンしました。

その特徴はほとんどのVR ゲームを無料で体験できることです。ただし、10分間です!
パソコンやヘッドセットを購入してもらうための「宣伝」でもあるから、短いんですね。

ただし、モバイル会員になると30分間遊べます!モバイル会員になるのも無料なので、とってもお得です!

PC とVRヘッドセット「HTC Vive」を使ってVR ゲームで遊ぶことができます。

このヘッドセット「HTCVive」は特別なもので、プレイヤーの移動をVR の本体に伝えることができ、プレイヤーはVR の中を自分の足で歩くことができます。そのため、ドスパラVRパラダイスでは、プレイヤーが歩き回るのに十分なスペースが用意されています。

VR ゲームの利用可能時間は平日が13時から20時まで。土日祝日は12時から20時までで、受付はいずれも19時30分までです。

「theBlu」は海の底からの景色を眺めるアトラクションです。魚やクジラが泳いでいるのを眺める癒し系です!もちろん、海底を歩いて移動することも可能です。

「The Lab」はミニゲーム集で、弓矢で射つシューティングゲームや、世界の美しい風景をVR で楽しむものや、飛行船を操って、ビームや飛んでくる玉などから逃げ回るゲームなど、さまざまなコンテンツがあります。

「Tilt Brash」はペンやブラシをコントローラーとして、空中に絵を描くことができるアトラクションです。その絵はVR の中でVR として存在するので、色んな角度から見たりできます。

「The Brookhaven Experiment」はシューティングゲームで、ゾンビを倒すゲームです。夜の公園を、懐中電灯で照しながらゾンビを探し、銃で撃って倒します。

「BLAST×BLAST」は唯一の有料ゲームで12月22日からサービスをスタートしました。1回500円でプレーできます。

「BLAST×BLAST」はシューティングゲームですが、通常のVRゲームよりもクオリティが高く、また、座席もVRと連動して動くことで、VR 酔いしにくいことも売りにしています。

秋葉原G-Tune : Garage

秋葉原G-Tune : Garageでは、VRの「Oculus Rift」を体験できます。料金は無料です。秋葉原G-Tune : Garageもパソコン機器の販売店なので、宣伝として無料で提供しています。

営業時間は11時から19時30分まで。シューティングやコースター、ホラーアドベンチャーやVR アバターを使ったボイスチャット体験まで、さまざまなVR コンテンツを楽しめます。

スポンサードリンク

東京ジョイポリス

東京ジョイポリスではVR ゲーム「ZERO LATENCY VR」が楽しめます。

料金は平日1800円、土日祝日2000円に、入場料800円が必要になります。営業時間は10時から22時まで。予約ができますが、直前のキャンセルはできないとのことです。

年齢制限があり、12歳以下はプレーできません。

「Zero Latency VR」は、ヘッドセットをつけて、ゾンビを撃つシューティングゲームです。同時に6人まで一緒にプレーできます。

4キロのバックパックを背負い、2キロの拳銃を持ってプレーするので、動きやすい服装のほうがいいですね。

また、東京ジェイポリスでは、眼鏡を外さないとヘッドセットを装着できないのですが、ヘッドセットで視力に合わせたVR に調節できるそうですよ!